社会福祉法人 あそか会
  • HOME
  • ご挨拶
  • あそか会歴史
  • 本部事務局

所長からのあいさつ

2010.12.27

1127570373

佐々木所長

平成22年4月に白河高齢者在宅サービスセンターより当センターに赴任されました。

2009年4月
平成21年度4月は、介護保険の改正に伴い当センターも利用者様本人への自立を促し、身体機能の維持向上のための筋力アップ・バランス能力・歩行能力の改 善を目指し、必要に応じて栄養指導等も行いながら日常生活が円滑に送れるよう支援してまいります。また、家族に対しては、身体的・精神的負担の軽減を図る ことを目的に在宅の高齢者やご家族からの電話や来所、訪問などによる状況を確認し、利用者様に喜んで頂ける事を心掛けています。
東陽高齢者在宅サービスセンターでは、地域に根ざしたセンターとして今後ますます多様化するニーズに幅広くお答えできますように、また、利用者様の満足が得られますように職員一丸となり心温まる対応に全力で取り組んで参りますので今年度もよろしくお願い致します。

2008年8月
8月に入り毎日暑い日々が続いておりますが、当センターご利用者様のために今年も夏祭りを企画しました。利用者様が誰でも参加できますよう介護職員一同あ れこれと考えて下さいました。満足のいく夏祭りではなかったかと思います。利用者様の笑顔が多く見受けられ満足のいく3日間ではなったかと思います。ご苦 労様でした。
介護職員の皆様方には、人手不足のところ笑顔で盛り上げてくださいまして感謝申し上げます。

さて、当センターにお世話になりまして、6月で1年を経過しました。おかげさまで前年度より職員の協力で収益面で上向きになるように努力をしている毎日です。
当センターでは常に利用者様に喜んでいただける為の「プログラム」なども含め食事サービス・入浴など、少ない職員でこの夏を乗り切られるよう頑張っております。
何処の施設も介護職員の離職が多く新聞などで取り扱っておりますが、人手不足が深刻です。介護職員を確保する為に厚生労働省は、職員の能力や資格、経験に 見合う賃金制度を導入した介護事業所を公費で負担するシステムを09年度に創設すると記事にありますが、何処の施設も介護報酬の引き上げを待っておりま す。来年度には、改正になるよう願っている状態です。
現在の介護報酬があまりにも低すぎ、介護職員の賃金を見直すまで行かないのが現状です。
現場では、介護度の高い利用者様が増えております。(胃ろう造設)私は、長年医療にかかわり、平成18年度4月から生活支援の業務に携わる機会を与えられ ました。日常業務にかかわり感じることは、介護職員の方たちは利用者様に優しく、面倒見もよく感心いたします。利用者の話をよく聞いてあげています。しか し、医療現場も高齢者に治療する場合は、看護の厳しさがあり看護と介護が加わり大変です。当センターにおいてもデイサービスでは、利用者様の背景には、様 々な問題を抱えている方がいますがセンター利用時にはホッとするような雰囲気作りをしていきたいと思います。それには介護職員の手助けが大切です。介護職 員が離職しないように体制も含め、賃金の見直しができるように来年度の介護報酬に期待し、行政に介護現場の環境をより以上働きのある職場につなげられるよ う期待したいと望みます。

2008年4月
新 年度の始まりを迎え、機能訓練へのご参加をはじめ、東陽在宅サービスセンターをご利用下さる皆様方の体力向上につながりますよう、職員一同援助致します。 また、身体介護・入浴サービス・プログラムの内容についても、皆様に楽しく参加いただくことを第一に、愛されるデイサービスセンターを目指し、本年度も職 員一同努力してまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

新任のご挨拶
駒野所長の栄転につきまして、東陽高齢者在宅サービスセンタ―に6月1日から配属になりました栗原でございます。

今年の夏は過去にないくらいの 猛暑でございした。このために熱中症になり入院する高齢者の方もおり新聞等に全国的に報じられておりました。当センタ―をご利用なされている高齢者の皆様 方には体力的に大変な夏の時期で御座いました。その為ショ―トステイ、老健施設等をご利用なされる方が多くおりました。
9月に入りまして朝、夕が涼しくなり高齢者にとりましても、精神的にも身体的にも、ゆとりが持てるようになり「ホット」致している所です。

さて、介護保険制度の大幅な改正に伴い介護事業はどこの施設も事業運営は大変厳しい現状ですが、当センタ―も民営化に伴い区立施設から移行し1年目になり ました。地域に根ざした施設として東陽高齢者在宅サービスセンタ―は、ご利用者の皆様方には安心して1日楽しんで戴ける様に全職員一同、日々業務を見直し 研鑚しております。信頼されるセンタ―として職員一丸となり取り組んでいきますのでご支援の程宜しくお願い申します。

2006年7月
梅雨明けも間近な今日この頃、夏祭りの頼りもちらほら聞かれるようになりました。いよいよ夏本番です。当通所介護施設においても夏にちなんだ行事を計画し、皆様に楽しんで頂こうと思っております。

さて、介護予防を重視する改正介護予防法がスタートしてから3ヶ月あまりが経過しました。
今回の改正では栄養改善、運動及び口腔機能の向上という新しいサービスも始めました。ご利用頂ければと思います。
また、ご近所でデイサービスをご利用な方がいらっしゃいましたら閉じこもりの防止、ご家族の負担軽減の観点から、是非私どもの施設をご紹介頂けたらと存じます。サービスの内容については、サービスの内容につきましてはこのホームページをご覧いただけると思います。

当施設のモットーであります。“笑顔”と“思いやり”で対応させて頂きます。皆様のご利用をお待ちしております。

2006年5月
桜をはじめとする花の便りも終わり告げ、いよいよ新緑の季節となります。
介護予防を重視する改正介護保険法がスタートしてから、早1ヶ月近くが経過しました。今回の改正は要介護状態になるのを防ぎ住み慣れた地域で暮らし続ける仕組みを作るとの趣旨から行われました。
私どもの通所介護施設でにおいては予防重視の観点から運動機能の向上・栄養改善・口腔機能の向上という新しいサービスを実施することになりました。
現在、ようやくその準備も整い、皆様のご利用をお待ちしております。

さて、私どもの施設では昨年から今年にかけて民間の評価機関による「第三者評価」を受審致しました。ご利用者・ご家族・職員の聞き取り、アンケート調査、施設の実施調査など、客観的に評価して頂いたものです。
私どもはこれらの評価を参考に皆様に信頼される施設を目指して参りますのでご支援の程宜しくお願い致します。

駒野所長
今年の冬は殊の外寒い日が続いております。 また、この時期インフルエンザ、ノロウイルス等の発生が心配される季節でもあります。体調には十分に注意し元気に過ごしたいものです。

さて、昨年を振り返ってみますと私どもの施設にとって大きな変革の年でありました。
4月には江東区の方針のもと区立施設から当あそか会が主体的に設置、運営するという、いわゆる民営化方式に移行しました。これに伴い業務の見直しを等を行いましたが皆様のご支援ご協力によりスムーズに移行することができました。本当にありがとうございました。

今後も当法人のモットーであります“慈悲の心・思いやりの精神”で施設を運営して参りたいと考えております。
今年度も、この四月には介護保険制度の大幅な改正が予定されております。
私どもは、今後も皆様に信頼される施設を目指して参りますので、ご理解ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

東陽SCだより

2010.12.27

1127573027

東陽高齢者在宅サービスセンターからのお知らせページです。

ドアtoドア送迎について
平成21年10月1日

介護保険制度の通所介護サービスの送迎は、原則ドアtoドア送迎となっていますが江東区の地域特性から狭い路地で車が入り込めないなどの理由があり、バスポイント送迎を実施している事業者が多い状態でした。
しかしながら先日、江東区介護保険課から原則ドアtoドア送迎の徹底について指導があり、一部の例外を除く原則の徹底を図ることになりました。
東陽SCでも原則にのっとり送迎を見直し、職員の勤務体制も見直し、この原則に沿った送迎の運用を遵守することに致しました。
変更に伴い、ご迷惑をおかけした利用者の皆様、ケアマネジャー他関係機関の皆様にはお詫び申し上げます。

インフルエンザ対策中
平成21年10月1日

新型インフルエンザと騒がれ、「人ごみの中でのマスク着用」「手洗い・うがい励行」は、定着してきたようです。
東陽高齢者在宅サービスセンターの門番のキリンちゃんが利用者の皆さんをインフルエンザから守るために活躍しています。

H20.1.16 初雪・・・こわ~い温度差
東京都で1月16日午後10時20分ごろ、この冬の初雪が観測されました。初雪は平年に比べ14日遅く、記録的な暖冬だった昨年よりは59日早かったそう です。高齢者にとって、寒さは大敵腰は痛い・膝は痛い、そして何よりも心臓に病気を持つ方は温度差により心臓に負担をかけることになります。

そこでご提案・・・
・さむ~い廊下に出るときに一枚羽織って出るようにしましょう。
・トイレは床にマットなどを敷いて寒さ対策
・お風呂に入る前は、脱衣所を温めてから衣類を脱ぎましょう。

コタツにこもってばかりいないで外出してお散歩も良いのではないでしょうか・・・。

AED(自動体外式除細動器)設置いたしました!!
こんなときには、AED
「意識がない・呼吸がない・脈がない」

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。
最近では、一般市民の方がAEDを使用して救命した事例も増えてきました。
AEDは、皆様の安全を第一にデイサービス内に設置しております。

食中毒注意報!!
梅雨とは言っても、暑い日が続いていますが、これからの季節食べ物が傷みやすくなります。
夏場は特に「腸炎ビブリオ」による食中毒が猛威を振るいます。
主に魚介類に付着して運ばれますが、真水・熱には弱いので、調理する前に水道水で十分洗い流し、加熱を十分しましょう。
ただし、刺身など生で食べるものは扱いには注意が必要です。購入する場合は新鮮なものを選び、購入後は早く家に帰り、すぐに冷蔵庫で保管し、当日中に食べるようにしましょう。買い物に保冷バックを使用するのも良いでしょう。
調理のときは、まな板・包丁も十分洗わずに他の食品を扱うと、汚染が広がってしまうので、調理器具は洗剤を使用して十分洗浄し、消毒もきちんとしましょう。
また、手洗いも大切です!調理の前後・調理中だけでなく、帰宅時・食事の前後・トイレの後などもこまめに手洗いをするようにしましょう。
高齢者は抵抗力も弱くなりますので、この時期は生物は避ける方が良いでしょう。

新年度が始まりました
平成19年度が開始になりました。
東陽高齢者在宅サービスセンターも人事異動で新しい介護主任を向かえ益々皆様にとって楽しい毎日が過ごしていけるように努力してまいります。
ご意見やご希望など何かありましたらいつでもご連絡を…。

介護保険制度改正に伴う利用料の変更
平成19年4月に介護保険が改正され介護予防を重視した制度作りとなりました。
デイサービスでは、利用料にも変更があり中でも要支援1・2の方は、月の定額制導入となりました。詳細については、担当のケアマネジャーまたは、お近くの在宅介護支援センターにお問い合わせください。

要介護状態にならないために・・・介護予防
デイサービスは、車いすの人が行くところ・・・なんて思ってる方は間違えですよ。「歩くことがちょっと困難になった。」「もっと歩けるようになりた い!!」など皆様の必要に応じてプランを立て目標に向かって援助していきます。介護予防として、理学療法士の指導の下、専任の職員がリハビリのお手伝いを いたします。
詳しいことは、東陽高齢者在宅サービスセンター(5606-8861)または、東陽在宅介護支援センター(5606-3148)までお気軽に。

食事代の変更
平成17年年10月1日から介護保険制度の一部改定により食事加算が廃止され、介護保険外で550円を徴収することになりました。

東陽SC こんなことあんなこと

2010.12.24

1127570903

東陽SCで行われた行事などをご紹介いたします。

平成22年8月28日 介護者教室(認知症の理解と予防について)
認知症についての講義を江東区内にある青木医院の青木先生にお願いして分かりやすく勉強する事ができました。
講義の後は、グループ分けして皆さんと職員と一緒に認知症について考えるグループワークを行いました。脱線するグループもありましたが皆様真剣に取り組んで下さいました。
今後も認知症について同様の取り組みをして行く予定があります。

平成21年10月1日 お月見団子作り②
みんなでお団子作りして食べました♪
ごちそうさまでした。

平成21年10月1日 お月見団子作り①
今年の「中秋の名月」は、10月3日土曜日です。
今日は、東陽SCは、午後から白玉団子をみんなで作りますよ。

平成21年1月 元旦
謹んで新春の寿ぎを申し上げます。
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。
本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

平成二十一年 元旦

平成20年12月19日 音楽ボランティア(2)
最後は、コーラスの皆さんが利用者さんに寄り添うようにして、みんなで大合唱しました!
共に歌う喜びと場の一体感に皆さん、とても満足されたご様子でした。

平成20年12月19日 音楽ボランティア(1)
今日は、待望の高田先生とコーラスの皆さんによる素敵なクリスマス・コンサートです!
大変美しいピアノ伴奏とコーラスの声に利用者さんは魅せ楽しまれ、ハーモニカの優しい旋律に聴き入っておられました。

平成20年12月16日 忘年会(4)
ここで、忘年会で振舞われた献立を紹介したいと思います。
一日目 ちらし寿司
二日目 お刺身盛り合わせ
三日目 天婦羅盛り合わせ「凄く美味しい!」と利用者さんから大絶賛でした!!

平成20年12月16日 忘年会(3)
三日目は、琴夢会の皆さんにお越し頂きました。
古の時代の音を今に伝える十六絃琴(和琴)の儚い旋律は、利用者さんの心に染み渡り、深く傾聴なさっておられました。
途中、琴の音で懐かしい歌を皆さんと合唱し、楽しまれました!

平成20年12月15日 忘年会(2)
二日目は、梅后流・江戸芸かっぽれ亀戸道場の皆さんにお越し頂きました。
歌舞伎の踊りで知られるかっぽれ踊りは、大変リズミカルで見ている利用者さんの心を鷲づかみにしておりました!
途中、手品も入り、皆さん興味津々・大変楽しまれました!

平成20年12月13日 忘年会(1)
初日は、ハラウフラオ・マーラ・マラマの皆さんにお越し頂きました。
優雅で華麗なフラダンスを披露して下さり、利用者さんの顔に笑顔が溢れ、まるで常夏の高級ホテルのビーチにいるようでした!
楽しいカラオケも入り、始終最高の雰囲気で盛り上がっておりました!

平成20年12月 日常風景
寒気いよいよ厳しく、星も凍る夜。早いもので12月となりました。
月初めの為、壁も模様替えです。
栗原所長によるクリスマスにうってつけの新作パッチワークが一角に張りだされました。
利用者の皆さんも愛らしいパッチワークに足を止めてらっしゃいました。

平成20年11月27日 投扇興
本日は、幼少時の秋篠宮文仁親王も楽しまれたとされる投扇興(とうせんきょう)を行いました。
皆さん、とても真剣に興じられておられました。

平成20年11月 日常風景
晩秋の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
栗原所長制作のコサージュの花籠、第三弾・秋の花々シリーズ2が完成しました!
柔らかな優しい秋のイメージを髣髴させるコサージュが柱を華やかに彩っております。

平成20年10月6日 日常風景
栗原所長制作のコサージュの花籠、第二弾・秋の花々シリーズが完成しました!
第一弾同様に柱に飾られ、利用者さんたちの目を楽しませております!

平成20年10月 日常風景
空は高く、秋晴れの心地よい季節となりました。
室内も利用者さんたちが一生懸命作って下さった秋らしいちぎり絵を壁に貼り、模様替えがなされました。
澄み切った秋空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。

平成20年9月18日 お月見だんご作り
少し日が経ってしまいましたが、中秋の名月に因んでお月見用のお団子を利用者さんと共に作りました。
材料は、上新粉にちょっとのお水。よく捏ねるのがコツです。
栄養士の川崎さんの指導の下、立派なお団子が出来上がりました。

平成20年9月 日常風景
朝夕はめっきり涼しくなり、空気は澄み空高く、月の綺麗な時期となりました。
9月に入り、栗原所長による存在感ある新作パッチワークが一角に張りだされました。

平成20年8月29日 日常風景
土用明けといえ暑さはまだまだ厳しいですが、8月ももうすぐ終わり。
来月に向け、室内も心機一転しました。
柱には、栗原所長制作のコスモスのコサージュが籠一杯に飾られています!

平成20年8月 夏祭り(4)
夏祭りの献立を紹介したいと思います。
一日目 押し寿司
二日目 冷やし中華
三日目 天丼
ご馳走に夏の風物詩スイカも付き、利用者さんたちは舌鼓を打ちつつ、大満足されました!!

平成20年8月09日 夏祭り(3)
夏祭りは、今日で最終日です。
〆の日に職員達の気合が更にみなぎります!
利用者の皆さんも積極的に参加され、熱き盆踊り魂が炸裂!!
途中参加される方、見て楽しまれる方、3曲連続で踊られる猛者もいらっしゃいました!!

お祭り後、皆さん大変喜ばれ、「良い想い出になった」とありがたい言葉を頂きました。
皆様、ありがとう御座いました。

平成20年8月08日 夏祭り(2)
突然ですが、ここで出店の説明をしたいと思います。
男性利用者に一番人気の「射的」、可愛い色合いに女性利用者の目が釘付け「ヨーヨー釣り」、どれにしようかな?綺麗にラップされた宝石のような「駄菓子」、最後の〆はどれが当たるかハラハラドキドキみんな大好き「富くじ」の計4つです!

開催始まりと終わりに盆踊りの円陣が組まれ、踊り見つつ情緒溢れる夏祭りの雰囲気を皆さん満喫しておられました。

平成20年8月07日 夏祭り(1)
今日より3日間、待ちに待った夏祭り開催です!
午前中は、利用者の皆さんに店巡りするごとに押印されるMY夏祭りカードを作って頂き、気分の盛り上がりUP!!
和気藹々と午後のお祭りに想いを馳せ、カード製作を楽しんでおられました。
午後のお祭りでは、甚平やハッピ姿に身を包んだ利用者さんが思い思いの出店に迎い、満面の笑顔で参加されておりました!

平成20年8月06日 音楽ボランティア(2)
公演は中盤に差し掛かり、情緒溢れるハーモニカの音に耳を傾けながら、最後は利用者さんみんなで大合唱しました。
皆さん、とても満ち足りた表情をされておりました。

平成20年8月06日 音楽ボランティア(1)
本日は午後より、音楽ボランティアの高田先生とコーラスの皆さんによるミニ・コンサートが公演されました。
美しい歌声と伴奏に合わせ、唱歌「薔薇が咲いた」では、コーラスの皆さんの手から次々と赤い花々が咲き、利用者さんの目を楽しませました。
また童謡「しゃぼん玉」でも実際にシャボン玉が飛び、会場は大変盛り上がりました!

平成20年7月10日 書道
本日の午後のプログラムは、書道を行いました。
気さくな先生の指導の下、利用者さんたちは伸び伸びとした筆使いで、書道を楽しまれておりました。
また優秀な作品には、金賞・銀賞・銅賞の発表があり、利用者さんのやる気に火をつけています。
目指せ、金賞っ!!

平成20年7月08日 日常風景
お誕生日会にカードと共に渡される新作コサージュの発表です!
前回と違った側面から、切り出される洗練されたフォームに女性の利用者さんは、大喜び!!
製作された栗原所長の話では、素材を活かす方法を考えたり、季節の花々を取り入れるとイメージが膨らむとの事です。

平成20年7月07日 七夕
本日の昼食は、趣向を凝らし七夕そうめんと天婦羅が振舞われました!
麺を天の川に見立て、人参の星々がきらめいています。
天の文字が入った天婦羅も縁起をかつぐのにもってこいです。
しかし今日は、生憎の曇り空・・・夜には、晴れると良いのですが。

皆さまの願い事が叶いますよう、お祈り申し上げます。

平成20年7月05日 七夕飾り
センターでは只今、利用者さんが一生懸命作ってくださった七夕飾りを飾るのに余念がありません。
菱形繋ぎ、投網、提灯、折鶴、短冊等、思い思いの品を手に利用者さんと共に一つずつ笹に括り付けていきました。
七夕まで、あと2日。当日は、晴れますように。

平成20年7月 日常風景
梅雨も明け、海山恋しい7月となりました。
利用者さんが作った向日葵を壁に貼り、模様替え完了です。
暑さに負けず、皆さまのご健勝の程をお祈り申し上げます。

平成20年6月20日 レクリエーション
本日の午後のプログラムは、レクリエーション・魚釣りゲームを行いました。磁石のついた棹を片手に慣れた手つきで次々と魚を釣る利用者さんたち。フロアは、釣名人で賑わいました!

平成20年6月17日 ギターボランティア
本日は、ギターボランティアさんにお越しいただきました。
古き良き昭和のメロディーと心惹かれる語りに利用者さんたちは、熱心に傾聴されておりました。

平成20年6月07日 小運動会(3)
いよいよ最終日の三日目です。
競技に「筒送り」を一種目、増やしての開催です。
和やかに開始・・・と思いきや両陣営、目が本気モードを物語っております!
競技を重ねるごとにヒート・アップ!
勝利の女神は、どちらに微笑むでしょうか・・・っ?!

参加された皆様方、三日間お疲れさまでした。

平成20年6月06日 小運動会(2)
二日目は開催期間中、最も参加者の多い日となりました。
利用者さんによる選手宣誓の後、応援歌で両陣営、闘志がみなぎります!
入魂の紅白玉入れでは、玉が入るか入らないか?!悲喜交々、手に汗を握る展開となりました。

平成20年6月05日 小運動会(1)
本日より3日間、小運動会を開催しました。
競技種目は、恒例の「紅白玉入れ」に「パン食い競争」です。
初日は、白組が得点を取れば赤組が追い上げる接戦で、車椅子を使ったパン食い競争では、両者譲らずの白熱した戦いとなりました!

平成20年5月21日 日常風景
只今、当センターでは、お誕生日会にカードと併せて贈られる栗原所長お手製の花のコサージュが女性の利用者さんの間で大人気です!!
いつまでもお元気でいらしてくださいね!

平成20年5月15日 音楽ボランティア
インターナショナルスクールに通う子供たちがミニ・コンサートを行ってくれました。
一生懸命歌う子供たちの姿に利用者さんたちは、「英語の歌詞は解らなかったけど、感動した」と深く感銘を受けてました。

平成20年5月14日 生花
本日の午前のプログラムは、生け花を行いました。
美しい花と蒼々しい葉に利用者さんから感嘆の声が。
お話し上手な先生の指導の下、花を豊かに活けれました。

平成20年5月 日常風景
4月も終わり、新緑鮮やかな5月になりました。
端午の節句を前に壁も模様替えです。
立派なちぎり絵は、栗原所長が制作してくださいました!

平成20年4月 新年度会(4)
新年度会に振舞われた献立を紹介したいと思います。

一日目 お刺身盛り合わせ
二日目 天婦羅盛り合わせ
三日目 桜ちらし寿司

お弁当箱に入った立派なご馳走は、利用者さんから大変好評でした!!

平成20年4月14日 新年度会(3)
三日目は、フラダンスのサークルの皆さんにお越しいただきました。
踊りが始まると同時に会場は一気に南国ムードに。
途中、利用者さんも一緒に歌を歌ったり、盆踊りを踊ったりして、南国のリゾート気分を大満喫されました。

平成20年4月12日 新年度会(2)
二日目は、子供たちがバレエを披露してくれました。
子供たちの愛くるしい踊りに始終利用者さんは「可愛い~♪」と歓声を上げられ、ニコニコ顔でした。

平成20年4月11日 新年度会(1)
初日は、フラメンコのサークルの皆さんにお越しいただきました。
艶やかな衣装と美しい踊りに利用者さんの目はもう釘付け!
素晴らしい踊りに会場は大変盛り上がりました。

平成19年12月忘年会③
三日目はフラダンスサークルの皆さんがステキな踊りを披露してくれました。

平成19年12月忘年会②
二日目はグレース保育園の子供たちが来てくれました。折り紙で作ったペンダントを利用者の皆さんにプレゼントしてくれました。

平成19年12月忘年会①
音楽ボランティアの高田先生とコーラスの皆さんによるクリスマスコンサート。
すばらしい演奏と歌声に利用者の皆さんも大満足。

平成19年9月18日 敬老会
白河かもめ保育園の子供達が遊びに来てくれました。かわいい歌と踊りのプレゼントに利用者のみなさんも大喜びでした。

平成19年8月 夏祭り
輪投げ大会、ヨーヨーつりを楽しんでいただき、駄菓子屋さんでは皆さん夢中でお買い物。今年は小学生のかわいいボランティアさんが来てくれて、皆さんとても嬉しそうでした。

平成19年6月 運動会
元気よく準備体操をしてから、赤組・白組対抗の玉入れ。最後の種目は、毎年大盛りあがりのパン食い競走を行いました。今年も皆さん、気合いが入っていて熱気と歓声で会場はとても賑やかでした。

平成19年 三月の会③
三日目は、銭太鼓同好会の皆さんにお越しいただきました。
筒の中には「銭」そう、お金が入っているのです。おめでたい時にしか振らないのだとか。

平成19年 三月の会②
二日目は、子供たちがバレエを披露してくれました。
かわいい子供たちに、利用者さんは目じりが下がりっぱなしでした。

平成19年 三月の会①
一日目はフラダンスサークルの皆さんにお越しいただきました。
フロアーの中はいっきに南国ハワイのムードに。
途中、振り付けを教えていただき、最後は利用者の方も一緒に踊りました。

平成19年2月3日 豆まき
今年も、フロアー中に「鬼は外!福は内!」の声が響きました。

平成19年1月24日 餅つき
毎年恒例の餅つきを行いました。
つきたてのお餅を、所長はじめ職員でちぎり、からめ、盛り付けていきます。
「つきたての餅はおいしいねぇ、職員さんが作ってくれたから尚おいしい。」と喜んでいただけたようです。

平成19年1月新年お茶会
新年を迎え、お茶会を実施しました。
お抹茶をたて、お茶菓子と一緒にいただきました。

平成18年9月14日 敬老会
センター近くのグレース保育園の子供たちが遊びにきてくれました。
子供たちはいたって冷静、利用者さんのほうが可愛さと嬉しさのあまり泣いてしまいました。
子供の力ってすごいものですね。

平成18年9月4日 運動会④
最後の種目はパンくい競争。
この競技が一番盛り上がります。
皆さんの顔、真剣そのものです。

平成18年9月4日 運動会③
二つ目の種目は筒送り合戦
筒を紐に通し、皆さんの手で筒を送っていきます。
ズルしちゃだめですよ、皆さんが筒に触れるように、隣の方に渡していきます。

平成18年9月4日 運動会②
まずは準備体操をしっかりしてから
一つ目の種目は玉入れ

平成18年9月4日 運動会①
運動会を開催しました。

平成18年8月7日 夏祭り
毎年恒例東陽夏祭りを行いました。
盆踊りに射的や輪投げ…
袋いっぱいに詰めた駄菓子をお土産にと、皆さんの笑顔が見られました。

平成18年3月30日 三月の会⑤
大トリは東陽おニャン子クラブ。借りてきたのか趣味で持ってたのかセーラー服姿で唄に踊りに会場は大盛り上がりでした

平成18年3月30日 三月の会④
埼玉のスター2人がビール?片手に熱く唄ってくれました。「本当に酔っ払ってるのか?」と勘違いするほどの熱演ぶりに会場が一気に温まりました!

平成18年3月30日 三月の会③
今年の東陽はダンスが流行?!次は社交ダンスでいつもと違う職員の姿にウットリ・・・

平成18年3月30日 三月の会②

平成18年3月30日 三月の会①
東陽のさわやか二人組が学生姿で唄にギターになぜかけん玉?の腕前を披露してくれました。

平成18年2月3日 豆まき
職員が赤鬼・青鬼に扮してセンター恒例の豆まきをします。今年はどの職員が鬼になるのかご利用者の方も楽しみにしています。ご利用者の「鬼は外!福は内!」の元気な声を聞くのを職員も今から待ち遠しいです。

平成18年1月28日 餅つき
少し時期が遅くなりましたが今年も恒例の餅つき大会をおこないました。つきたての餅は予想以上に柔らかくちぎってからめる職員もひと苦労・・・
「ヨイショ!ヨイショ!」のかけ声と手拍子で餅もさらに美味しくなりみんなの箸もすすんでいました。

平成18年1月6日 お茶会
新年恒例のお茶会。慣れた手つきの人、にがい顔をする人、和菓子を先に食べてしまう人・・・様々でしたが今年も良い新年のスタートをきりました

あけましておめでとうございます
利用者みなさんで作ったちぎり絵が今年もお迎えしております!

平成17年12月3日忘年会①
職員による出し物
写真は、東陽SCの麦畑夫婦…
冬なのに…アツアツの二人が体を温めてくれました!

平成17年12月3日忘年会②
東陽SCのSMAP登場「SHAKE」を踊りました。
みなさん昔に戻ってキャーキャーと喜ばれていました。。。

平成17年12月3日忘年会③
わが東陽SCが誇る美女軍団!?バランスボールを使ったダンス
振り付けも自分たちで考えて遅くまで練習しました。
練習の甲斐もあり皆さんの笑顔を見る事ができました!!

平成17年12月3日忘年会④
着ぐるみを着て汗をかきながらのハンドベル
「きよしこの夜」など3曲みんなで楽しく歌いました♪

平成17年7月21日音楽ボラ
定期的に来てくれます利用者の皆さんからは大好評です。

東陽支援センターHOT・ホッとNEWS

2010.12.24

1134528215

支援センターってどんなトコ???
こんなことをしているところですっ!!
あなたの生活応援します!!!

東陽福祉会館交流会開催
平成22年9月7日 介護予防事業について
今日は、9月~開始した高齢者健康診査の受診啓発とチェックリストの考え方、介護予防事業の流れや事業の説明を実施しました。
皆さん真剣に話を聞いて参加して下さいました。
高齢者健診は、9月1日~12月20日まで実施しているので皆さん是非受診して下さい。

新入職員ご紹介
平成22年7月1日
東陽地域包括支援センター・東陽在宅介護支援センターの集合写真です!!
久しぶりの更新です。今年は、4月に一人、7月に一人新入職員が入職しています。

東陽福祉会館交流会の開催
平成22年5月11日
「介護予防ってな~に!?」~こんなサービスありますよ~と、いうタイトルで東陽福祉会館を利用している皆様に介護予防のことや江東区の福祉サービスについての説明をしました。今回は、愛の杖支給事業、シルバーカーの給付事業、家具転倒防止器具の支給事業に的を絞って劇仕立てでご紹介しました。
皆さんご理解いただけましたか??

東陽福祉会館交流会の開催③
平成22年3月12日

東陽福祉会館交流会の開催②
平成22年3月12日

東陽福祉会館交流会を開催①
平成22年3月12日
今日は、恒例の福祉会館の交流会で劇を通して介護予防を促し、地域支援事業の紹介を行いました。

東陽福祉会館交流会を開催
平成21年9月19日
東陽福祉会館を利用している皆様に高齢者施設の説明を劇にしてご覧頂きました。
特別養護老人ホーム・老人保健施設・有料老人ホームを中心に説明しました。料金の話しになると皆さん暗い雰囲気になりましたが「おおむね参考になりました。」という意見が聞けました。

平成21年4月介護保険制度改正
新聞・テレビで賑わっている介護保険の改正がいよいよ迫って参りました。
今回の改正点は、私達介護現場の人材確保・処遇改善に焦点を当てた内容になっており介護報酬全体の初の引き上げ3.0%となりました。
その他にもキャリアに即した加算や事業所の体制を評価する加算、地域区分の見直しもありました。
介護保険は、「利用者本位」の制度です。情報は、積極的に取り込んでいかないと制度に振り回されるだけです。

介護保険情報が調べられる
「WAM NET」
http://www.wam.go.jp/
「東京都介護サービス情報」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/kaigo_lib/index.html
などで勉強してみてはいかがでしょう!?

東陽福祉会館出前相談会
平成20年9月27日(土)
東陽福祉会館で出前相談会を開催いたしました。
出前相談会では、東陽福祉会館を利用している方々を中心に介護予防事業の紹介などを行っています。
本日は、介護予防事業を導入する際の基本チェックリストをクイズ形式にして皆様にチャレンジして頂きました。
出前相談会は定期的に開催させて頂いてるので顔見知りの方も増えてきてなんだか嬉しくなってきます。
私達支援センターは地域活動にも力を入れているので「高齢者サービスや介護保険について説明をして欲しい」という団体や個人の要請があれば出向いていきますので是非ご一報下さい。

東陽地区民生委員懇親会開催
平成20年6月30日
特別養護老人ホーム江東ホームにて開催いたしました。
いつもお世話になっている民生委員の皆様と定期的に情報交換することで地域の高齢者の方々の見守りや異変の発見に役立たせて頂いております。

江東区地域包括支援センター主催研修開催
平成20年5月23日(金) 9:30~16:30
江東区高齢者総合福祉センター
①介護保険制度以外の在宅福祉サービスについて
②介護予防支援業務について
③生活保護制度・介護扶助について
④障害者福祉サービスについて
以上を江東区役所所管係の職員を講師に招きご講義を頂きました。総勢150名の参加者がありました。
今年は、今回の他には、権利擁護やマナー・接遇、スーパービジョン、医療に関する研修を予定しております。
ぜひぜひ多くのケアマネの皆さんに参加して頂きたいと思います。

平成20年5月1日東陽福祉会館で交流会を開催いたしました!!
恒例の交流会を今年も開催いたしました。
今日は、地域支援事業をクイズを交えた形式で楽しみながら理解していただく機会として開催させて頂きました。
参加してくださったのは、普段東陽福祉会館を利用している方々で多くの方が参加してくださいました。
写真をクリックして頂くと左側に寅さんの格好をした男性がいます。先日、東陽福祉会館で行われた介護保険や介護予防をテーマにした劇を開催し、その中で活躍した寅さんです。

☆新職員配属しました☆
平成20年4月1日
東陽地域包括支援センター5人目の職員が配属しました。
江東区内外のケアマネの皆様・地域の皆様宜しくお願い致します。

家事介護について
介護保険によるヘルパーは、自立支援を念頭においた支援が基本です。ただ、家政婦として「やってもらう。」という事が目的ではありません。家事介護のことを「生活援助」と呼びますが、生活援助には介護保険ではいくつかの制約を設けています。

・原則同居家族がいる場合
※同居者が障害・疾病などで家事を行えない状態の場合には例外があります。
・大掃除と判断される掃除
・その他日常生活を営むのに支障がないと判断される行為
その他詳細はお近くの在宅介護支援センターやケアマネジャーにお伺い下さい。(H20.1.19)

100歳 万歳!!
江東区南砂在住 一人暮らし 元気な100歳の紹介です。
以前も98歳当時の写真を掲載いたしましたが、100歳になって江東区長・東京都知事・内閣総理大臣から長寿の表彰を受けたということで写真をパチリ。皆様にご報告したくて再掲載致しました。
ご本人は最近は歩くのが大変になってきたというものの少し離れた砂町銀座まで一人で買い物・図書館に通ったり・散歩をしたりで充実した日々を送っています。
ご本人曰く「どうして70歳や80歳で動けなくなる人がいるのかねー」100歳ならではのお話しを頂きました。
最近は、愛煙していた「わかば」がいつもの店で売らなくなったということで禁煙することにしたそうで、まだまだ長生きしてくれると思います。ぜひぜひもっともっと長生きしてくださいね。

平成19年9月22日 東陽福祉会館で交流会を行いました。
東陽福祉会館の利用者の皆さんと南砂・江東・海辺・東陽の4つの在宅介護支援センター合同の交流会を行いました。
主な内容としては、「知ってるつもりで知らない介護予防」をテーマに高齢者健康診査の生活機能評価についての説明等行いました。皆さん「介護予防」には積極的に取り組まれている方たちが参加してくださいました。
元気な高齢者でいて頂くためにも私たちも皆様へいろいろご案内させて頂こうと思っていますので自宅にこもっていないで外に出る機会を増やしていきましょう!!

AED(自動体外式除細動器)設置いたしました!!
こんなときには、AED
「意識がない・呼吸がない・脈がない」
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。
最近では、一般市民の方がAEDを使用して救命した事例も増えてきました。

新職員配属しました!!
平成19年8月1日 同法人特別養護老人ホーム 江東ホーム介護職員勤務を経てケアマネ資格を取得、満を持して東陽在宅介護支援センターへ配属となりました。宜しくお願い致します。

軽度者の福祉用具貸与について
介護保険には、ベッドや車いす等一割の負担でレンタルすることができるサービスがありますが介護保険認定軽度者(要支援1、2要介護1)は、福祉用具の種類によっては制限が設けられています。

皆さんにわかりやすくご紹介したいと思います。
・車いす(付属品を含む)
・特殊寝台(付属品を含む)
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・認知症老人徘徊感知機器
・移動用リフト
→上記の福祉用具は、軽度者が利用することが想定しにくいことから原則保険給付の算定になりません。

こんな人はかりる事ができますよ
<保険給付対象となる場合>
ア)要介護認定時の基本調査結果において一定の要件に該当し、必要と判断された方
イ)基本調査結果からは判断できない要件について主治医の情報やサービス担当者会議における適切なケアマネジメントにより一定の要件に該当し、必要と判断された方
平成19年4月1日より追加
ウ)疾病その他の原因により、状態が変動しやすい、急速に悪化すると見込まれるなど、医師の医学的な所見やサービス担当者会議におけるケアマネジメントにより、一定の要件に該当すると 判断した内容を計画作成担当者が書面により地域包括支援センター(http://www.asokakai.net/touyou/zaitaku_6.html)および江東区の確認を受け、必要と判断された方
→上記を読んでケアマネジャーや在宅介護支援センターにお問い合わせください。

新職員配属しました!!
東陽地域包括支援センターにケアマネジャーが一人増えました。発足当初は、主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師(看護師)の3名でスタートしました が、業務多忙につき1名増員いたしました。東陽地域包括支援センター・在宅介護支援センターでは、地域の皆様の相談に応じていくようにいつでも準備をして います。

東陽地区民生委員懇親会開催
平成19年2月7日13:00~
高齢者総合福祉センター内にて開催いたしました。

高齢者調査のその後について話し合いをしました。
地域の高齢者についてよく分かったという意見や冬の寒い時期の自宅訪問や不在者のお宅への繰り返しの訪問もありご苦労されたとのご意見もありました。

私たち支援センターの「目」だけでは地域の高齢者を見守っていくことは出来ません。民生委員さんはもとより地域の「目」が今後とても大切になってくると思います。
今後とも民生委員さんたちと協力してより良い地域を目指して頑張って行きます。

地域包括支援センターってなに!?
簡単に言えば…介護予防や成年後見制度・地域のケアマネ支援の拠点です。
江東区は、地域包括支援センターに直接相談する前に在宅介護支援センターが皆様の相談窓口になりますのでお困りの際は、在宅介護支援センターにご相談下さい。
あそか会のホームページでも詳しく地域包括支援センターのことが載っているのでのぞいてみてください。
→→→http://www.asokakai.or.jp/touyou/zaitaku_6.html

介護予防事業ってなーに???
各メディアなどでは、「介護予防・介護予防」と言われていますが、実は何のことなのかわからないって言う方もいるのでは・・・。
介護予防事業とは、介護状態にならないために介護保険・地域支援事業(元気いきいき事業・各福祉会館グループ活動等)など自立した生活を送っていくと共に生き甲斐作りの場としてサービスを提供しています。
介護保険…介護予防計画をケアマネージャーと作成し、目標を持ってサービスを利用します。介護予防ですから何かをやってもらうだけではありません。自立に向け目標に向かってサービスを活用して行くものです。
地域支援事業…介護保険の対象とならないような高齢者(特定高齢者)が介護状態にならないように、また自宅に閉じこもった生活を送らないように各種サービスに参加するような事業です。

→→→いずれも相談窓口は在宅介護支援センターです。

介護保険制度平成18年4月改正について
介護保険制度平成18年4月改正について新聞報道等で皆様ご存知のことかと思われますが、↓↓↓
http://www.wam.go.jp/
(ワムネット)等で詳細が紹介されているので、ぜひご一読ください。

利用者さん紹介
明治40年生まれ 満98歳
ホームヘルパーを週2回利用しながら一人暮らしを続けている。
毎日の日課は、自宅周辺の散歩と読書。なんと!読書は今も年間100冊を数える。
昨年は、ちょっとした転倒により腰を痛めるが四つ時代を生きてきた強い腰は既に復活!!みなさんも家に閉じこもることなく外に出て歩こう!!

千田福祉会館説明会
介護や生活に不安がある方に対しての「どこに相談に行けばいいの?」という疑問にお答えするべく、支援センター職員・千田福祉会館職員合同で劇を行うことになりました。お時間ある方は下記の用件を確認の上、お越しください。

日時  平成17年12月22日(木)13:30~
場所  千田福祉会館
対象者 概ね60歳以上の江東区在住の方
※千田福祉会館に入館するには事前に登録が必要です。

たくさんの皆様の参加ありがとうございました。

支援センターってどんなトコ???
支援センターは皆様の生活の中に困っている事があれば、解決のために皆様と協力していく公的な機関です。

介護者教室のお知らせ

2010.12.24

1134482163

みんなで考えよう!!介護のこと…
介護者教室の日程などをお知らせ致します!!

平成22年10月
平成21年10月
≪テーマ≫着脱方法について
≪内容》着脱の方法について、介護職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 10月16日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成22年8月
≪テーマ≫ 認知症の理解と予防について
≪内容≫ 認知症の症状や対応の注意点をお医者さんが説明します。
≪日時≫ 8月28日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 高齢者総合福祉センター 3F 研修室
≪講師≫ 青木医院 青木久恭先生
≪費用≫ 無料
≪申し込み≫ 参加希望の方は8月10日(火)までにお申込みください。

東陽高齢者在宅サービスセンター
TEL 03-5606-8801  担当 佐々木
※ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

ご参加お待ちしております。

平成22年度の予定
4月17日(土) 『いきいき事業見学会』
6月26日(土) 『高齢者の栄養について』
8月28日(土) 『認知症について』
10月16日(金) 『着脱方法について』
12月25日(土) 『いきいき事業見学会』
2月19日(土) 『認知症について』

※実施場所ほ、全日程東陽高齢者在宅サービスセンター内にて予定しております。
※詳細は日程が近くなりましたら随時お知らせさせていただきます。

平成22年4月
≪テーマ≫ 元気いきいき事業見学会
≪内容≫ 介護予防元気いきいき事業見学会を行います。
≪日時≫ 4月17日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成22年2月
≪テーマ≫ 移動介助の方法について
≪内容≫ 高齢者の移動介助の仕方について介護職員が実技をまじえて説明します。
≪日時≫ 2月20日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年12月
≪テーマ≫認知症について
≪内容》認知症について地域包括支援相談員が説明します。
≪日時≫ 12月5日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年10月
≪テーマ≫ 元気いきいき事業見学会
≪内容≫ 介護予防元気いきいき事業見学会を行います。
≪日時≫ 10月17日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年8月
≪テーマ≫ 着脱方法について
≪内容≫ 着脱の方法について、介護職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 8月22日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年6月
≪テーマ≫ 認知症について
≪内容≫ 認知症について、地域包括支援相談員が説明します。
≪日時≫ 6月20日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年4月
≪テーマ≫ 元気いきいき事業見学会
≪内容≫ 介護予防元気いきいき事業見学会を行います。
≪日時≫ 4月18日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年1月
≪テーマ≫ 高齢者の食生活のあり方について
≪内容≫ 高齢者の食生活のあり方について管理栄養士が説明します。
≪日時≫ 1月31日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成21年1月
≪テーマ≫ トランスファー(移動)について
≪内容≫ トランスファー(移動)について専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 1月17日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年12月
≪テーマ≫ 高齢者の冬の健康管理について
≪内容≫ 高齢者の冬の健康管理について看護職員が説明します。
≪日時≫ 12月20日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年11月
≪テーマ≫ 食事介助の方法
≪内容≫ 食事の介助の仕方について専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 11月29日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年10月
≪テーマ≫ 排泄介助の方法
≪内容≫ 排泄介助について専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 10月18日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年9月
≪テーマ≫ 車イスの使い方
≪内容≫ 車いすの正しい操作方法を専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 9月27日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年8月
≪テーマ≫ 高齢者に多い疾病
≪内容≫ 高齢者に多い疾病について看護職員が説明します。
≪日時≫ 8月23日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年7月
≪テーマ≫ 身体清拭の仕方
≪内容≫ 身体清拭の方法について専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 7月26日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
ご参加お待ちしております。

平成20年6月
≪テーマ≫ 衣服の着脱の仕方
≪内容≫ 衣服の着脱について専門職員が実技を交えて説明します。
≪日時≫ 6月28日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪対象≫ 20名
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。

平成20年4月
≪テーマ≫ ◎デイサービスセンターの活動体験◎
≪日時≫ 4月26日(土) 14:00~15:30
≪場所≫ 当センター内
≪申し込み≫ TEL 03-5606-8801
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
≪内容≫ 通所介護施設の活動を体験していただきます。

平成20年2月
〈テーマ〉 高齢者の食事について
〈日時〉 2/29(金) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡03-5606-8861
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
〈内容〉 高齢者の食事について栄養士がご説明します。

平成20年1月
〈テーマ〉 腰痛予防について
〈日時〉 1/26(土) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡03-5606-8861
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
〈内容〉 介護者の方が元気に介護を続けることができるようにアドバイスします。

平成19年11月
〈テーマ〉 車いすの操作方法
〈日時〉 11/24(土) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡03-5606-8861
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
〈内容〉 車いすの基本的な操作方法を学びます。

平成19年10月
〈テーマ〉 おむつ交換の仕方
〈日時〉 10/27(土) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡03-5606-8861
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
〈内容〉 おむつ交換を自己流でしていませんか。おむつ交換のより良い方法のこつを学びます。

平成19年9月
〈テーマ〉 おむつ交換の仕方
〈日時〉 9/29(土) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡03-5606-8861
江東区在住の方ならどなたでも参加できます。前日までにお申込みください。
〈内容〉 お年寄りのおむつ交換のより良い方法のためのコツを学びます。

平成19年5月
〈テーマ〉 「外出時の介護者の心得」
〈日時〉 5/26(土) 14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 tel 5606-8861
江東区在住の方なら、どなたでも参加できます。前日までにお申し込みください。
〈内容〉 お年寄りに付き添って外出する際の、介護者が注意すべきポ  イントなどをお話します。

平成19年4月
〈テーマ〉  「通所介護のボランティア体験学習」
〈日時〉 4月28日(土)14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 TEL 5606-8861
〈申込期日〉 前日まで
〈人 数〉 どなたでも(江東区在住の方)
〈内容〉 施設でボランティアは欠かせない大きな役割を担っています。体験を通して高齢者の方との接し方、通所介護とは。を学びます。

平成19年3月
〈テーマ〉  「高齢者の食事」
〈日時〉 3月24日(土)14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡5606-8861
〈申込期日〉 前日まで
〈人 数〉 どなたでも(江東区在住の方)
〈内容〉 食事は生活の基本です。高齢者の食事の重要なポイントを栄養士から学びます。

平成19年2月
〈テーマ〉 「おむつ交換の仕方」
〈日時〉 2月17日(土)14:00~15:30
〈場所〉 当センター内
〈申込み〉 ℡5606-8861
〈申込期日〉 前日まで
〈人 数〉 どなたでも(江東区在住の方)
〈内容〉 はじめに基本的なおむつ交換の方法を学び応用編として拘縮(筋力の硬直)のある方の方法を学びます。

 
セキュリティーポリシー サイトマップ Copyright 社会福祉法人あそか会 All Rights Reserved.