社会福祉法人 あそか会
  • HOME
  • ご挨拶
  • あそか会歴史
  • 本部事務局

夏のスペシャルコンサート♬

2018.7.20

sydney-1210550_960_720

7月20日、亀戸高齢者在宅サービスセンターではテノール歌手の粟飯原敏文様、ソプラノ歌手の栗谷川実希様、ピアノ奏者の粟飯原雅子様による夏のスペシャルコンサートが開催され、いつものディルームがオペラハウスになりました。亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、


「私の太陽」(オーソレミオ)、「サンタ ルチア」に始まり、季節を感じる「我は海の子」、「夏の思い出」、ディサービスでもお馴染みの「茶摘み」に「幸せなら手をたたこう」など利用者様も一緒に歌える楽曲やNHKの朝ドラ「朝が来た」の主題歌AKB48の「365日の紙飛行機」、坂本九さんの「上を向いて歩こう」といった元気をもらえる楽曲を織り交ぜながら、聴かせて下さいました。亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、

最後はオペラ「椿姫」より「乾杯の歌」、14曲の熱唱でした。、亀戸高齢、亀戸高齢者在宅サービスセンター、

利用者様も職員も、本物のテノールとソプラノの歌声、そしてピアノの演奏を聴き入りながら、心も体も踊る時間を過ごさせて頂きました。

亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、亀戸高齢者在宅サービスセンター、

粟飯原俊文様、粟飯原雅子様、栗谷川実希様、素敵なひと時をありがとうございました。

7月の製作 朝顔作り

2018.7.18

今月は、和紙を使って朝顔を作りました。和紙を丸めたり、花びらと額を貼り付けたりと細かい作業が多かったのですが、丁寧に作業を進めておられました。

完成した朝顔を眺めながら「外は暑いけどこの朝顔なら枯れる心配がなくていいね」「水もあげなくていいからずっと飾っておけるね」と笑顔で会話されていました

七夕

2018.7.7

今日は七夕です。ご利用者の皆様に作って頂いた、七夕飾りや短冊を笹に飾りつけました。願い事は「宝くじが当たりますように」というのもありましたが、やはり「元気で過ごせますように」と健康を願う短冊が多かったです。

昼食は皆様の一年の無病息災を願って「七夕そうめん」です。天ぷらやスイカもついて豪華な食事でした。

7月のプログラム

2018.7.2

7月の一押しプログラムは「七夕ゲーム」です。製作は和紙で朝顔を作ります。

午後のプログラム

2018.6.21

DSCN2348

6月の一押しプログラムは、「色いろ輪投げ」です。

2チームに分かれて、赤、青、黄の3色の輪を5個ずつ、計15個を同じ色の筒にどちらが早く入れ終わるかを競うゲームです。

うっかり他の色の筒に入れてしまったり、勢い余って遠くに輪が飛んでいってしまったりと、苦戦している方が多かったです。

「意外と難しかったわね」「他の人がやっているのを見ているのも楽しいわね」という声も聞かれ、初めてのゲームを楽しんで頂けたようでした。

 
セキュリティーポリシー サイトマップ Copyright 社会福祉法人あそか会 All Rights Reserved.