社会福祉法人 あそか会
  • HOME
  • ご挨拶
  • あそか会歴史
  • 本部事務局

七草がゆ

2018.1.8

本日のお昼ご飯は「七草がゆ」でした。

由来としてはその一年の無病息災を願ってや正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

全国的には七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、地方によっても食材が異なる場合があるそうです。

関東地方では1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」をまな板の上に載せ、以下の歌を歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくします。

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」

明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草と塩を入れて七草粥にしそして朝食として食べるそうです。

「七草粥 イラスト」の画像検索結果

今年一年の無病息災を願って皆さま召し上げっていらっしゃいました。

ごちそうさまでした。

 
セキュリティーポリシー サイトマップ Copyright 社会福祉法人あそか会 All Rights Reserved.